FC2ブログ
>
ガビチョウ(画眉鳥)
2007/12/22(Sat)
きょうは、晴れ後曇り。
 笹藪の中で、ガビチョウ(チメドリ科)がけたたましく囀っていました。クロツグミにも似た響きなのですが、ずっと大きな声で、ウグイス、シジュウカラ、キビタキ等様々な鳥の鳴き真似も上手です。きょうは、所々コジュケイが入っていました。中国南部~東南アジア北部に生息する外来種(外来生物法で特定外来生物に指定され、日本の侵略的外来種ワースト100選定種にもなっている)で、青葉山のこの藪には、今年に入って突然定着してしまいました。地上を走り回って昆虫や果実を食べるので、同じ採食性のツグミやシロハラ、アカハラにウグイスやアオジ等も追いやる傾向がある様ですし、もしかすると一昨日紹介したノウサギの激減にも関係しているかもしれません? 留鳥となり、一年中囀り、地上採食性なので積雪による影響を受け、寒地での生息は無理とされて来ましたが、温暖化の影響で一気に北上している様です。名は、目の周りの眉毛状の白い隈取に由来する様ですね・・・
画眉 夜の森

スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ジャノヒゲ(蛇の髭) | メイン | ヤマボウシ(山法師)の冬芽>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/203-bd70d0ec

| メイン |
ゆきかえる