FC2ブログ
>
アオバセセリ(青翅挵)の幼虫
2012/08/03(Fri)
  きょうは曇り時々晴れて、久し振りに30℃を切りました(24.4~29.2℃//0.19μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.11μSv/h屋内21:00、南東風)。
   アワブキの木に、アオバセセリ(セセリチョウ科)の幼虫がいました。白黒縞に水玉模様の服と、赤い苺の様なまん丸頭は、何時見ても絵本から抜け出たかの様ですが、こちらに気付くと、歯を剥き出す攻撃姿勢で、案外きかん坊でした。本州~沖縄の山地の林縁部や渓流沿いに生息する、前翅長23-31mmのセセリチョウです。成虫は年2-3回、5-9月頃に発生し、翅色は緑青色で、後翅端に橙黄色部があります。幼虫の食草は、アワブキ等。生息地である丘陵地の開発等により、県レッドリストでは準絶滅危惧(NT)に指定されています。青葉山では、アワブキの木周辺等で比較的普通に見られます・・・
アオバセセリの幼虫 一衣帯水(青葉山~広瀬川)
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タゴガエル(田子蛙) | メイン | コオニユリ(小鬼百合)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2072-21bffe4d

| メイン |
ゆきかえる