FC2ブログ
>
ヒロハヤマトウバナ(広葉山塔花)
2012/09/01(Sat)
   きょうは、雨後晴れました(23.9~30.1℃//0.20μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、東風)。
    林下に、ヒロハヤマトウバナ(シソ科)が咲いていました。派手なオオハンゴンソウの下でひっそりと、でも塔花の名に恥じず、精一杯背伸びしていました。本州(東北南部~中部)の山地の木陰等に生育する、草丈20-60㎝の多年草です。葉は卵~長卵形で、ヤマトウバナに比べて葉が広くて大きく、中部異常の葉はほぼ同大です。7-9月、茎頂に3-5㎝の仮輪を重ねた総状花序を作り、白~淡紅色を帯びた白花を咲かせます。花冠は長さ7-8㎜。萼は長さ5-6㎜で、短毛の他長い軟毛があります。青葉山では、林縁等に見られます・・・
ヒロハヤマトウバナ 雨上がり

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シロテンハナムグリ(白点花潜) | メイン | メスグロヒョウモン(雌黒豹紋)の雄>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2101-657abc74

| メイン |
ゆきかえる