>
キツリフネ(黄釣船、黄吊舟)
2012/09/03(Mon)
  きょうは、曇り時々晴れました(23.3~30.3℃//0.19μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、東南東風)。
  道端に、キツリフネ(ツリフネソウ科)が群生していました。名の通りの黄色い船を、微風や蜂の来訪に揺らしながら、黄金の様に咲き群れていました。北半球に広く分布し、日本では北海道~九州の山地~丘陵の、水辺等のやや湿った所に生育する、草丈50-80cm の一年草です。 葉には鋸歯があり、楕円~広披針形。夏~秋、葉の下から細長い花序を伸ばし、その先に3-4cmの横長で黄色い花を釣り下げます。花弁状の萼と唇形の花弁を持ち、距が長く筒状になります。種子が熟すと、弾けて飛び散ります。青葉山では、沢沿い等の湿性地に見られます・・・
キツリフネ 久々に真夏日脱出と思いましたが
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤブタバコ(藪煙草)の花 | メイン | シロテンハナムグリ(白点花潜)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2103-00ef029a

| メイン |
ゆきかえる