FC2ブログ
>
ハサミツノカメムシ(鋏角亀虫)
2012/09/10(Mon)
   きょうは、晴れ時々曇りでした(23.4~31.0℃//0.20μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.12μSv/h屋内21:00、東風)。
道端の木の葉の上に、ハサミツノカメムシ(ツノカメムシ科)がいました。鋏の無い雌ではありましたが、鮮緑の盾の四隅が朱く彩られ、美しく光っていました。北海道~九州の山地に生息する、体長♂17-19mm、♀18㎜程のカメムシです。成虫は5-10月に出現し、ツタウルシ、ヤマウルシ、ミズキ、ヤナギ類、イヌザンショウ等の広葉樹上で生活し、その汁を吸います。体色は鮮緑色で光沢があり、前胸背側角の先端は赤色。雄には赤く鋏状の尾状突起があり、交尾の際に雌を挟み付けます。青葉山では、葉上等に比較的普通に見られます・・・
  目前の木にアオゲラがいましたが、あっという間に飛んで行ってしまいました・・・
ハサミツノカメムシ♀ アオゲラ♀
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヒカゲチョウ(日陰蝶) | メイン | 九月観(視)察会 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2110-26852500

| メイン |
ゆきかえる