>
サワヒヨドリ(沢鵯)
2012/09/29(Sat)
  きょうは、晴れ時々曇りました(19.0~26.7℃//0.17μS/h八幡1屋外高さ1m・0.10S/h屋内20:00、南南東風)。
  原っぱに、サワヒヨドリ(キク科)が咲いていました。きょうは少し暑いながら、草原にすっくと立った鴇鼠の花房が、涼しげに揺れていました。日本全国の、山野の日当たりの良い湿性地等に生育する、高さ40-100cmの多年草です。茎は直立し、葉は対生時に輪生して無柄で、被針形又は3深裂します。8-10月、茎頂部に散房状花序を作り、白~淡紅紫色の頭花を密に付けます。花は普通5個の両性の筒状花からなり、花冠の先は浅く5裂します。ヒヨドリバナ等に似ていますが、葉が対生し、葉柄がなく、単葉か3深裂~3全裂する事が特徴です。青葉山では、池沼や湿地周辺に普通に見られ、淡紅紫色と白い花が混在します・・・
サワヒヨドリ 午後の空


スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤマハッカ(山薄荷) | メイン | ナンブアザミ(南部薊) の白花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2129-02a27b14

| メイン |
ゆきかえる