>
アカネ(茜) の花
2012/10/03(Wed)
   きょうは、一日雨が降ったり止んだりでした(17.4~19.5℃//0.17μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北風)。
   道端に、アカネ(アカネ科)が咲いていました。雨の中、溜めた花雫に周囲の山が映って、無数の小宇宙を作っていました。本州~九州の他、中国、朝鮮等の山野の道端や林縁等に生育する蔓性多年草です。四角い茎には細かい刺があり、他の植物等に引っかかりながら伸びます。葉はハート型で4枚輪生する様に見えますが、内二枚は托葉が変化したもので(偽輪生)、実際は対生です。夏~秋に、多数分岐した枝先に花を開き、花冠は黄緑色で径3-4㎜。秋には、黒い果実を熟します。青葉山では、林縁等に普通に見られます・・・
アカネ 霧が湧く山
 
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<サナギタケ(蛹茸) | メイン | センダイトウヒレン(仙台塔飛廉) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2133-c746c303

| メイン |
ゆきかえる