FC2ブログ
>
マユミ(檀、真弓、檀弓)の果実
2012/10/28(Sun)
  きょうは、曇り後雨になりました(12.6~17.2℃//0.18μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南風)。
  マユミ(ニシキギ科)に、実が生っていました。雨に濡れて、増々美味しそうな祝餅の様に下がっていました。北海道~九州の他、朝鮮、中国等の山野の谷沿い等の湿気のある所に生育する、高さ3-5mの落葉低木、又は小高木です。雌雄異株。樹皮は灰白色で、一年枝は緑色。対生する葉は、先が尖って縁に細かい鋸歯があり、葉脈がはっきりしています。初夏、前年枝の基部から径1cm程の淡緑色で花弁4枚の花を付けます。果実は倒四角錐で、熟すと4つに裂け、中から真赤な仮種皮に包まれた種子が現れます。青葉山では、渓流沿い等に見られます・・・
  足元では、ウワバミソウが珠芽状の瘤(ミズの実)を沢山付けていました・・・
マユミ ウワバミソウ
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ノコンギク(野紺菊) | メイン | ニホンアマガエル(日本雨蛙) >>
コメント
-  -
ciao66 様
コメントと貴重な情報を、ありがとうございました。
広瀬川の管理方法(http://aobaten.blog109.fc2.com/blog-entry-647.html)については、私達も長年「管理協議会」の一員として、「奥山~青葉山の生態系を太平洋まで繋げる極めて重要な役割を果たしている緑地」を少しでも確保できるように頑張っていましたが、中州や寄州が一時に削られ(http://aobaten.blog109.fc2.com/blog-entry-1128.html)、他の河畔林も次々に伐採され、今や、私達の意見は全く無視されてしまいました。洪水対策にしても、「科学的根拠」に基づいた上での、「杜の都」独自の河川管理を求めたいものです(http://aobaten.blog109.fc2.com/blog-entry-1503.html)。
マユミの実は、どんどん開いていって、飛び出す真赤な種子が彩りを添えます・・・
2012/10/30 21:56  | URL | てん #-[ 編集]
- 実りの秋 -
実りの秋ですね。マユミの実がとても可憐です。
これからまだ変化するのでしょうか。
 ところで、今日の広瀬川散歩で、評定河原橋付近で、樹木が大伐採されているのを発見しました。
 河川流路路確保とのことでしたが、(もう少しなんとかならないか県土木に聞いてみた)
ちょっと残念な出来事に思えました。
 写真つきレポートはペンギンの足跡Ⅱのほうに有りますので
ご覧いただければ幸いです。
2012/10/29 22:22  | URL | ciao66 #mQop/nM.[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2159-b4778c31

| メイン |
ゆきかえる