>
キヅタ(木蔦)の花
2012/11/03(Sat)
   きょうは、良く晴れました(7.2~15.6℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、西北西風)。
   枯木に這うキヅタ(ウコギ科)に、花が咲いていました。一見地味ですが、近寄れば無数の王冠が煌いていました。北海道南部~沖縄の他、朝鮮等の低地に生育する常緑の蔓植物です。茎から多数の不定根を出して、他の樹木や岩等を這い登ります。葉は厚く革質で、長さ1.5-5cmの葉柄を持ち茎に互生します。葉形は、若枝では卵円~菱形状卵形で、葉先が3-5裂しますが、花が付く枝では菱形状卵~卵状被針形で、葉先は裂けません。葉身は長さ3-7cm、幅2-5cm。10-12月、茎先に1-数個の散状花序を付け、花は黄緑色の5弁花で、花弁は3mmで雄蕊は5本。翌春、径6-7mmの果実を黒熟します。有毒。青葉山では、林縁の枯木等に普通に見られます・・・
キヅタの花 青空と黄葉
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タマブキ(珠蕗、球蕗、玉蕗) | メイン | カツラ(桂)の葉>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2165-c4350581

| メイン |
ゆきかえる