>
コミネカエデ(小峰楓)の紅葉 
2012/11/07(Wed)
  きょうは、晴れ時々曇りました(12.6~19.7℃//0.17μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、西北西風)。
    コミネカエデ(カエデ科)が紅葉していました。同じ木なのに、赤や黄色に緑の部分もあって、色取り取りに染め上がっていました。本州~九州の夏緑広葉樹林に生育する、高さ6-10m程の落葉小高木です。日本固有種。雌雄異株又は同株で、樹皮は灰褐色で滑らかで縦縞の模様があります。長さ4-9cmの葉は対生し、掌状で上部の3裂片が特に大きく、先が長く伸びて尾状に尖り、縁は荒い重鋸歯。5-6月、枝先に花序を付け、20-30個の黄緑の花を咲かせます。果実は翼果で、分果の長さは1.5-2㎝で、翼は鈍角~ほぼ水平に開きます。主に奥山や高山に見られる楓ですが、青葉山でも見られます・・・
コミネカエデ 少しずつ赤や黄が増えて
 

スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オオイタドリ(大虎杖、大痛取)の雄花 | メイン | ノブドウ(野葡萄)の果実 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2169-537d094a

| メイン |
ゆきかえる