>
カシラダカ(頭高)
2012/12/07(Fri)
  きょうは晴れ後曇って、時折風花が舞いました。午後5時過ぎに又大きな地震がありました(5.2~12.1℃//0.20μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.11μSv/h屋内21:00、東南東風)。
  草原に、カシラダカ(ホオジロ科)がいました。小群が何かを食べていましたが、良く見ると、雄も雌も皆冬羽で、枯草に紛れる姿でした。ユーラシア大陸北部とアリューシャンで繁殖し、冬は中国東部や中央アジアに渡り越冬します。日本では冬鳥として、九州以北の山地~平地の明るい林や林縁、草地等に渡来します。体長15cm程で、雌雄共後頭部に冠羽があるのが特徴です。雄の夏羽は、頭部が黒く目の上~後頭部に白い側頭線があり、体の下面は白く、上面は茶色で黒い縦斑があります。雄の冬羽と雌は、頭部と体の上面が淡褐色になりますが、雄の耳羽周辺は黒褐色。地鳴きはチッと、か細く鳴きます。青葉山では、秋~早春に群れで生活し、草原等で良く見かけます・・・
カシラダカ 小滝の浮葉

スポンサーサイト
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カラスザンショウ(烏山椒)の果実 | メイン | カジカエデ(梶楓)の落葉>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2200-30c2e50e

| メイン |
ゆきかえる