FC2ブログ
>
カワガラス(河烏)
2012/12/11(Tue)
   きょうは晴れ時々曇って、時折風花が舞いました(0.7~7.6℃//0.16μS/h八幡1屋外高さ1m・0.10S/h屋内21:00、北西風)。
  雪の残る河原を歩いていると、カワガラス(カワガラス科)がいました。二羽がじゃれ合う様に岩から岩に飛び移り、潜水して食べ物を探し、愛らしい白瞼を瞬かせていたかと思うと、黒い弾丸の様に上流に飛び去ってしまいました。ヒマラヤ北部~カムチャツカに広く分布し、日本では北海道~九州の主として山間の渓流に棲む留鳥です。全長(翼開長)21-23cm。雌雄同色。水中に潜ったり、水底を歩いたりして水棲昆虫類や魚類を捕食します。冬は雌雄共に単独で縄張り分散する傾向がありますが、一夫一妻で、秋~初冬には雌雄共に囀って、番形成の求愛行動が良く観察されます。青葉山では、広瀬川沿いで周年見られます・・・
カワガラス 雪の河原

☆「青葉山の緑を守る会」の自然観(視)察会は、毎月第2日曜 午前10時30分宮教大正門前バス停集合(12時30分頃解散)。 どなたでも参加自由です   (二月・八月は、「会」としてはお休みします) 
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コクサギ(小臭木) の果実 | メイン | ハゼノキ(櫨の木、黄櫨の木) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2204-f614e626

| メイン |
ゆきかえる