FC2ブログ
>
コウヤザサ(高野笹) の道
2012/12/21(Fri)
   きょうは、大体曇りでした(0.2~5.5℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00 PKC107 RD1503、北風)。
   道端に、コウヤザサ(イネ科)がありました。薄暗い森に浮かぶ白い道に沿って、風知草に似た淋しげな草が続いていました。本州~九州の他、済州島(朝鮮)、中国中部等の山地の樹林下に生育する、高さ50-70cmの多年草です。葉の幅は4-8mm、長さ4-10㎝で薄く有毛で、茎は細く、特に花茎は繊細です。7-8月に長さ8-10㎜の花穂を付け、小穂は単生、1小花から成ります。名は、高野山で採取された事に由来。青葉山では、林内に普通に見られ、特に秋~冬に独特の風情を醸します・・・
コウヤザサ 灰色の街 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アオゲラ(緑啄木鳥) | メイン | ハナイカダ(花筏)の冬芽>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2215-743d5255

| メイン |
ゆきかえる