>
メジロ(目白)
2013/02/06(Wed)
  きょうは朝から雪が降り出して、瞬く間に5⁻6㎝積りました(-1.2~1.0℃//0.15μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北西風)。
  メジロ(メジロ科)がいました。降り頻る雪にも臆せず、愛らしい目をきょとんとさせて、佇んでいました。東~東南アジアに広く分布し、日本では北海道中部以南の低地~山地に、留鳥(又は漂鳥)として生息します。全長約12㎝、翼開長約18㎝。雌雄同色。上面はオリーブがかった緑色で、翼と尾はやや暗色。下面は白く、喉はや下尾筒は黄色く、脇は褐色味を帯びます。目の周りの白い輪が特徴で、名前の由来にもなっています。雑食ですが、花蜜や果汁を好み、夫婦愛が強く、留鳥では一年中番いでいる者も多いのですが、冬にはカラ類と混群を作ったりもします。青葉山では、一年中普通に観察できます・・・
メジロ 瞬く間の樹氷
スポンサーサイト
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マガモ(真鴨) | メイン | ヤママユ(山繭)の繭 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2262-3da2872f

| メイン |
ゆきかえる