>
コブシ(辛夷/拳)の冬芽
2013/02/18(Mon)
  きょうは曇って、一時雪混じりの雨が降りました(-2.0~4.9℃//0.16μ㏜/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μ㏜/h屋内21:00、北東風)。
 道沿いに、大きなコブシ(モクレン科)の木がありました。枝一杯に、無数の花芽を付けて、どんよりした空に向かって、暖かそうな銀の毛皮を膨らませていました。良く見ると、花芽の下に小さな葉芽もありましたよ。北海道~九州と済州島の山野に生育する、高さ8-15mの落葉高木です。早春、他の木々に先駆けて白花を梢一杯に咲かせます。果実は7-10cmの集合果で、握りコブシ状のデコボコがあり、それが名の由来とも言われます。熟すと割れて中から鮮紅色の種子が出てきて、鳥達によって散布されます。冬芽は毛に覆われた厚い鱗片に包まれます。青葉山では、谷沿いの斜面等に見られます・・・
コブシ 竜の口入口の藪
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<ノリウツギ(糊空木) | メイン | ヒドリガモ (緋鳥鴨)>>
コメント
- 展示会 -
 てん様:
 ご無沙汰失礼いたしております。
 展示会を拝見しました。青葉山の植物、昆虫、鳥類、動物などの美しい写真、また、観察会での皆様の表情、書などを楽しみました。また、オオタカや竜の口渓谷の現状についての貴重な情報をありがとうございました。
 環境局による高速鉄道東西線の事後調査報告書に、竜の口橋梁の工事現場が崩落したと書かれていましたが、それは地震のせいで工事のためではないそうです。ずいぶんアバウトな調査報告書だと思います。しかも、その復旧作業のためにさらに樹木を伐採すると書かれているのを読みました。ここは風致保安林だったはずですが、何かご存知ですか?
2013/02/19 19:26  | URL | すずめのこ #SNSZ3Mro[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2274-285eb726

| メイン |
ゆきかえる