FC2ブログ
>
一月観(視)察会
2008/01/13(Sun)
 きょうは、期待した程の雪にはなりませんでしたが、粉雪が舞い散る寒い会でした。でも、大勢の参加者で溢れ、楽しい一時になりましたよ。
 大学構内のトチノキは大きな芽をテカテカきらきらと輝かせ、巨大なシャンデリアの様にも見えました。森に入ると小道にはうっすらと雪が積り、水溜りはしっかりと凍っています。入口付近では、昨日もいたホソミオツネントンボを探しましたが、残念ながら見つかりません。その代わり、木の実はまだまだ沢山残っていて、ウメモドキやツルリンドウ、ミヤマガマズミ、ヤブコウジにツルアリドオシ、シラキ、ヤブムラサキ、サルトリイバラやオオバジャノヒゲ等々色々楽しみました。特に、ナツハゼやツクバネは、多くの方が味を楽しめましたね(鳥達の分を少し奪ってしまいましたが・・ゴメン)。
イヌツゲの実と虫こぶ ウチワタケ ツクバネ 何だこりゃあ?!.

 動物達の痕跡は、雪の少なさもあって足跡はカモシカ、キツネ位でしたが、食痕はカモシカ、リス、アカネズミ等、糞はテン、イタチ等のものを見つけることが出来ました。クヌギやイヌツゲ、マンサク等の他、ヤマツツジのあったかそうな虫こぶ、マイマイガの卵嚢やヤママユ、カレハガの繭。様々な顔を見せる冬芽とその葉痕達。木肌に黒々と不思議な模様を描くコウヤク病の班。木々の梢をチーチー鳴きながら移動して行くヒガラやエナガにコガラやヤマガラ。道端で草の実を啄むミヤマホオジロの群れ。時折、強風にウォーウォー大声で泣いている様だった森の木々等・・・皆さんにはどんな出会いがあったでしょう?どんなものや光景が印象に残りましたか?(尚、ciao66様のブログペンギンの足跡Ⅱにも詳しい観察記がありますので、是非ご覧下さい))
マイマイガの卵嚢 イタチの糞 新年会でV! 雪の道

 散策後は、管理センターで新年会があり、それぞれの青葉山への思いを語り合いました。昨年末に仙台市に提出された『オオタカの営巣地で計画されている地下鉄東西線「青葉山地区工事」についての質問状』についても話されましたが、「青葉山の自然を守りたい」との皆の気持ちが詰まったものなのですから、しっかりと受け止めて頂いて、これが「工事見直し」のきっかけになってくれればと願うばかりです…
スポンサーサイト



この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オオタカの営巣地で計画されている地下鉄東西線「青葉山地区工事」についての質問状 | メイン | ハリギリ(針桐)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/228-a6a6d743

| メイン |
ゆきかえる