>
カタクリ(片栗)の葉が出ていました !
2013/03/09(Sat)
    きょうは良く晴れましたが、強い風も吹きました(4.0~12.8℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、東風)。
    林下の道端に、カタクリ(ユリ科)の葉がありました。探しても、今年は中々見られなかったので、明日の観察には間に合わないかとも思いましたが、何時もの場所の大分手前に、小さいのも大きくなったのも、柔らかな新葉が何枚も顔を出していました。北海道~九州の他、朝鮮、中国、サハリン等の落葉広葉樹の林床に群生する、草丈10-25㎝の多年草です。3月末~4月初め、長さ4-5㎝で薄紫~桃色の花を、下向きに咲かせた後、あっと言う間に消えてしまいます。全国的に激減。青葉山では幸い、到る所に大群落が見られるものの、開発や盗掘等で減少しています・・・
カタクリの葉 風はあるけど、あったかいです・・・
   明日(3/10(日))は、定例の観(視)察会の日です↓。まだ少ないマンサクや咲き始めたばかりのセリバオウレン等々を愛でながら、野鳥達が囀る森を散策しましょう・・・
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<三月観(視)察会 | メイン | バッケ(蕗の薹) 顔を出す>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2293-8f5b2c4e

| メイン |
ゆきかえる