FC2ブログ
>
アカゲラ(赤啄木鳥)
2013/03/13(Wed)
  きょうは、ほぼ曇りでした(2.9~14.1℃/0.16μ㏜/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μ㏜/h屋内21:00、北西風)。
   道沿いの赤松林に、アカゲラ(キツツキ科)がいました。虫が入って弱った木を見つけては、コンコンコン、「森のお医者さん」の別名通り、日々木々の治療に当たっている様でした。ユーラシア中北部、サハリン、日本等の平地~山地の落葉広葉樹林等比較的明るい森を好み、昆虫の他、果実、種子等を食べて暮しています。全長(翼開長)23cm。雄の顎線や頭は黒く、後頭や下腹、下尾筒は赤。喉や胸、腹は白く、翼先に白斑が多数あり、肩羽は白く、逆八の字に見えます。雌は後頭も黒。キュッ、キュッとかケレケレケレと飛びながら鳴きます。5-7月頃に、一夫一妻で子育てをします。巣を主に枯木に作るので、青葉山でも、開発や森林管理・整備等により、生息数が減少気味です・・・
アカゲラ♂ 赤松林
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヒメカンスゲ(姫寒菅) の蕾 | メイン | ウメ(梅)咲き出す >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2297-a638eaf2

| メイン |
ゆきかえる