>
ヒメヤシャブシ(姫夜叉五倍子)
2013/03/16(Sat)
   きょうは、晴れ後曇りました(0.1~15.9℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北北西風)。
   林縁に、ヒメヤシャブシ(カバノキ科)がありました。今年は少なくて、未だ小さく固いものの、艶々した雄花序が、蛇肌の様に光っていました。北海道~四国の山地の痩地や崩壊地等に生育する、高さ2-7mの落葉小高木です。良く分枝し、樹皮は滑らかな黒褐色で、横長又は丸い皮目が多。葉は互生し、葉身は長さ5-10cm、幅2-4cmの狭卵状披針形。先は細長く尖り、基部は丸く、細かな重鋸歯があり、側脈は20-26対。表面は無毛で、裏面の脈上に伏毛があります。雌雄同株。4月に、葉の展開と同時に開花し、雄花序は無柄で長さ4-6cm、枝先から1-3個垂れ下がり、雌花序は雄花序の直下の葉腋に3-6個が総状に付きます。10-11月に、1.5-2cmの楕円形の堅果を垂れ下げます。青葉山では、崩壊地周辺等に見られます・・・
ヒメヤシャブシ 光る山並
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マンサク(万作・満作・金縷梅)のダイアモンド! | メイン | カタクリ(片栗)に蕾が ! >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2300-a15e2e18

| メイン |
ゆきかえる