>
ネコノメソウ(猫の目草)
2013/04/12(Fri)
  きょうは、曇り後晴れました(4.0~12.2℃//0.18μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.14μSv/h屋内21:00、西北西風)。
  沢沿いに、ネコノメソウ(ユキノシタ科)が咲いていました。岸辺を黄金の小花が覆って、まるで砂金でも溜まっているかの様でした。北海道~九州の他、朝鮮、クリル等に分布し、山地の渓流沿い等の湿った所に生育する、高さ5-22cmの多年草です。匍匐枝が地上を這い、葉は対生し卵円~広卵形で長さ5-20mm、幅5-18mmで3-8対の鈍鋸歯があります。花期は4-5月で、苞は茎葉と同形で黄緑色を帯び、花茎の先に淡黄色で径約2mmの小花を10数個集めます。萼片は4個で直立し、淡黄緑~淡黄色の長円形。雄蕊4。蒴果は深く二つに裂けます。青葉山では、沢沿い等に普通に見られます・・・
ネコノメソウ 折立方面を望む
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<セントウソウ(仙洞草) | メイン | ヒメフタバラン(姫双葉蘭)咲き出す >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2328-dad22e6b

| メイン |
ゆきかえる