FC2ブログ
>
四月観(視)察会
2013/04/14(Sun)
  きょうは良く晴れて暖かく、素晴らしい観(視)察会日和になりました(4.8~20.0℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.11μSv/h屋内21:00、南風)。こんな陽気もあって今回も、集合所は大勢の参加者で溢れています。歩き始めると、道端にはツクシが林立し、オオイヌノフグリ等小さな花々が咲き群れ、青空は高くイワツバメが飛び交い、 木々の芽は嬉しそうに綻んでいます。マンサクは黄味を強め、アカシデやケヤマハンノキの雄花が下がり、シュンランが黄金の花を幾つも開いています。セリバオウレンは終わりかけていましたが、セントウソウは小さな銀河を形作り、チョウジザクラが床しい花を下げ、こそいら中にカタクリが赤々と篝火を点していました。ショウジョウバカマも、赤紫の大群落を広げていましたし、ヒメフタバランや解散後に訪ねたイワウチワの群生も愛らしく素晴らしいものでしたね。
道端のシュンラン 上にも横にも下にも、見るべきものが チョウジザクラ トウホクサンショウウオの卵嚢
 他に花では、ワサビ、コブシ、ミヤマウグイスカグラ、ツノハシバミ、アオキ、キブシ、ナツトウダイ、シナノタイゲキ、ヤマネコノメソウ、ヒメオドリコソウ、タネツケバナ、セイヨウタンポポ、バッケ(フキ)、アオスゲ、ヒメカンスゲ、ヒカゲスゲ、ナガハシスミレ、マキノスミレ、タチツボスミレ、ウスバサイシン、スズメノヤリ、クロモジ、ハルジオン等を観察しました。沢にはトウホクサンショウウオの卵嚢が見られ、ビロードツリアブやトラマルハナバチが盛んに飛んでいました。野鳥では、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、メジロ、カワラヒワ、コゲラ、アカゲラ、スズメ、トビ、エナガ、ハシブトガラス、ガビチョウ等の囀りや姿が確認されました。
  又、きょうは春の喜びと共に、大いなる憂いや悲しみ、怒りの「会」ともなり、大地震や暴風、東西線や大学建設、森林管理による自然破壊が、この山をすっかり変えてしまったと痛感する一時ともなりました。春の息吹を体一杯に感ずると共に、自然の為にも私達自身の為にも、皆の知恵を絞り合い、何としても解決策を導き出さねばと思いました。
暴風の痕があちこちに ほぼ白いカタクリ 大勢の参加者でした イワウチワ
 来月は、ルリソウ、ヒメシャガ、イカリソウ、ヤマツツジ等の花々や、渡来したばかりの夏鳥達の囀りが見所・聞き所となるでしょう? では又、5/12(日)にお会いしましょう! 
スポンサーサイト



この記事のURL | 観(視)察会 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<スズメノヤリ(雀の槍) | メイン | セントウソウ(仙洞草) >>
コメント
- 素晴らしいひとときでした -
昨日は丁寧にご案内いただいて、ありがとうございました。
青葉山の様々なお花のすばらしいことに、心より感動しました。
これからも、ぜひ参加させて下さい、よろしくお願いします。

人間の手が加わることで自然は壊されますが、それを戻すのも人間だと思います。荒らされた森を回復するために、何とかしたいですね。
2013/04/15 13:45  | URL | かたくり #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2330-701844e4

| メイン |
ゆきかえる