>
ヤグルマソウ(矢車草)
2013/06/05(Wed)
  きょうも、良く晴れました(14.5~22.8℃//0.16μ㏜/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μ㏜/h屋内21:00、東南東風)。
   ヤグルマソウ(ユキノシタ科)が、咲いていました。遠目にも目立ちますが、近寄れば、雪化粧の松の木の様に、姿形良く佇んでいました。北海道南西部~本州の他、朝鮮等の深山の谷沿いの林床等、湿り気のある場所に生育する多年草で、しばしば大群落を作ります。根出葉は5枚の小葉からなる掌状複葉で、葉柄は50cmになり、小葉は倒卵形で先端が3-5浅裂します。6-7月、高さ80-130㎝の花茎の先に円錐状の花序を付けます。花弁はなく、花弁に見える萼裂片は長さ2-4mmで、通常5-7個あり、緑白色で後に白変します。雄蕊は長さ3-4mmで8-15個、花柱は長さ1.5-2.5mmで2個。花茎には短い葉柄をもった茎葉が数個互生します。夏~秋に狭卵形の蒴果となり、長さ5mm。青葉山では、何ヶ所かで小群落が見られます・・・
ヤグルマソウ 深い森
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ダイミョウセセリ(大名挵) | メイン | ニホンカワトンボ(日本川蜻蛉) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2382-b7e28957

| メイン |
ゆきかえる