FC2ブログ
>
ヤマグワ(山桑)の果実
2013/06/22(Sat)
   きょうは曇り時々雨で、晴れ間もありました(17.8~23.4℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、東北東風)。
   ヤマグワ(クワ科)の実が生っていました。未熟の赤と完熟の黒が交互に混じって、ルーレット(回転盤)を思わせました。北海道~九州の山地~低地に生育する、雌雄異株で稀に同株で、高さ10-15mの落葉高木です。樹皮は灰褐色で縦に不規則な筋があります。葉は互生し、長さ7-20cmの卵~広卵形で、先は尾状に長く尖り、基部は円~浅い心形。4月頃、雄花、雌花共に本年枝の下部の葉腋に花序を作り、雄花は雄蕊4、雌花は雌蕊1、花柱は長くて先は2裂。集合果は楕円形で、7-8月に初め赤く後に黒熟します。青葉山では、林縁等に普通に見られます・・・
ヤマグワ 谷と草原
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コメツブツメクサ(米粒詰草)   | メイン | フタホシオオノミハムシ(双星大蚤葉虫・双星大蚤金花虫) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2399-c443aa69

| メイン |
ゆきかえる