>
ハハコグサ(母子草)
2013/06/29(Sat)
   きょうは、曇り時々雨でした(15.4~17.5℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南東風)。
   沢沿いに、ハハコグサ(キク科)が生えていました。こんな所にと思う程の水辺に、しかも、何時も見る姿とは違った花を、毀れ落ちる砂金の様に輝かせていました。中国~インドシナ~インド等に広く分布し、日本では全国の山野の道端、田圃等に普通に見られる、高さ10-30cmの越年性一年草です。日本には、麦類の栽培と共に伝来した史前帰化植物で、春の七草の一つ御形(オギョウ又はゴギョウ)として、若い茎葉は食用にされます。秋に芽生えてロゼット(根生葉)で越冬し、春に茎を伸ばして先端に頭状花序の黄色花を咲かせます。草全体に白い蜘蛛毛が目立ちます。青葉山では、道端等に普通に見られます・・・
ハハコグサ 澱から
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<チガヤ(茅萱) | メイン | ヒダリマキマイマイ(左巻蝸牛)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2406-71cb5996

| メイン |
ゆきかえる