FC2ブログ
>
七月観(視)察会
2013/07/14(Sun)
  きょうは、曇り時々晴れて少し蒸すものの、この時季にしては快適な観察会になりました(20.6~28.3℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南東風)。
  配布チラシやコースの説明、歩道回収工事等近況報告の後歩き始めると、池の周りを飛ぶショウジョウトンボ(を横目に見ながら、エゾアジサイやアジサイ、ガクアジサイの違いを比べ、大小沢山現れた茸達を観察しながら森に入ります。森の中はひんやりと、心地良い風も吹いています。ウメガサソウやイチヤクソウは花期が過ぎたものの、道々白いオカトラノオやバイカツツジの花々が続いています。何故か変にタケリタケが目立ち、ブナの木の下には、既に沢山の果実が落ちていて、秋の稔りが懸念されます。マイズルソウの実は朱く色付き、シラキやツノハシバミの実も膨らんでいました。ギンリョウソウの見事な群落や山中のネズミモチの花も愛でました。オニノヤガラは何故か貧弱なものしか見られませんでしたが、同じナラタケ菌と共生するツチアケビは、見事なものでしたし、何株も咲いていたクモキリソウにも唸りました。無数に生っていたニガイチゴの味も確かめましたね…
ヨツスジハナカミキリ♀♂ 一体何が?! タマゴタケの幼菌 美しい染め上がり、ニセアシベニイグチ
 花では他にミヤマタムラソウ、オトギリソウ、ヒメヤブラン、ヤブムラサキシキブ、キツネノボタン、ウマノミツバ、ドクダミ、オオバジャノヒゲ、コマツナギ、ノリウツギ、ヒメジョオン、ハエドクソウ、スイカズラ、ホタルブクロ、ムラサキツメクサ、オオバジャノヒゲ、ヒヨドリバナ、ミツバツチグリ、マムシグサ、ノダケ、アオヤギソウ、(マツバボタン)等が見られました。果実では他に、ミヤマウグイスカグラ、ウダイカンバ、ヒメコウゾ、マユミ、トチノキ、ツクバネ、ツリバナ、カクミノスノキ、オオバクロモジ、サルナシ等が生っていました。キノコでは他に、ビロードの輝きが美しいニッケイタケ、足元が赤く染まるニセアシベニイグチ、滑るヌメリコウジタケ、巨大なウラグロニガイグチ等ニガイクチの仲間、モミジタケ、カレエダタケ、ヒトクチタケ、カバイロツルタケ、テングタケ、ドクベニタケ、アカイボカサタケ、シロイボカサタケ等が見られました。野鳥では、ホトトギス、キビタキ、シジュウカラ、ヒヨドリや、ホオジロ、トビ等が見られました。動物では、ヤマアカガエル、等に出会いました。昆虫では、花々にヨツスジハナカミキリ、ヒョウモンチョウの仲間達、セセリチョウの仲間達、花蜂、花虻達画より集い、巣に群れるクサアリ達、カマキリモドキの仲間、オオツノトンボ、ミカドフキバッタ、イチモンジカメノコハムシ、マイマイガやタケカレハの幼虫にオナガグモとその卵嚢に出会った方達もいました。夏の「会」としては長めのコースで、お疲れの方も多かったとも思いますが、皆さんにはどんな出会いがあった事でしょう・・・? 
見事なギンリョウソウ群 ビロードの輝き、ニッケイタケ 管理センターの前で エゾアジサイ
  来月(8/11)は会としてはお休みですが、有志で歩きます。蝉時雨の下、クルマユリやヤマジノホトトギス、クサギ等の花々、様々な昆虫達等に出会えることでしょう・・・?
スポンサーサイト



この記事のURL | 観(視)察会 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ニホンアカガエル(日本赤蛙) | メイン | ツチアケビ(土通、土木通、土通草) >>
コメント
- オナガグモ他 -
私は見ていませんでしたが直後に写真で確認。他にカマキリに似ていたのはカマキリモドキ、ヘビトンボに似ていたのはオオツノトンボでしたね。幼虫類は、中々判らないのが多くですが、出来るだけ写真にとって、後日確認するようにしたいものです・・・又色々教えて下さい!
2013/07/15 22:55  | URL | てん #-[ 編集]
- オナガグモ -
やっぱりあれは、オナガグモとその卵のうだったのですね!
2013/07/15 10:13  | URL | おおばさん #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2421-ec5510af

| メイン |
ゆきかえる