>
バイカツツジ(梅花躑躅)
2013/08/01(Thu)
  きょうは、雨が降ったり止んだりでした(19.5~21.3℃//0.15μsv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μsv/h屋内21:00、南南東風)。
  林下に、バイカツツジ(ツツジ科)が咲き残っていました。下向きのどの花も霧雨に濡れて、きらきらの雫を光らせていましたが、見下せば沢山の花々が落ちていました。北海道南部~九州の山地の林内に生育する、高さ1-2m程の落葉低木です。枝は良く分岐し、葉は互生して枝先に輪生状に集まります。葉身は楕円~広楕円形で、葉の表面には毛が散生し、裏面は葉脈に沿って腺毛があります。6-7月、新葉の下に2cm程の花を1~数個横向きに咲かせます。青葉山では普通に見られますが、全国的に減少しています・・・
バイカツツジ 一本道
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オナガグモ(尾長蜘蛛) | メイン | クルマユリ(車百合) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2440-2eaf0537

| メイン |
ゆきかえる