>
コヤブタバコ(小薮煙草)
2013/08/22(Thu)
   きょうも、大体晴れました(23.2~29.6℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北風)。
   道端に、コヤブタバコ(キク科)が咲いていました。地味な花が、しかも下向きに付いていましたが、近寄れば夏に相応しい、向日葵を髣髴させました。北海道~九州の山野の林内に生育する、高さ0.5-1mの2年草(越年草)です。茎は太く、良く枝分かれし、下部には白い軟毛が密生します。7-9月、枝先に緑白色の頭花を下向きに付け、頭花の直径は1.5-1.8cmで、基部に長さ2-5cmの線状披針形の苞葉が多数付きます。根生葉は花期には枯れて消えます。良く似たガンクビソウよりも頭花も草丈も大きく、ヤブタバコは花が葉腋に付きます・・・
コヤブタバコ 薄暮の街
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤブマオ (籔苧麻・籔真麻) 花とアシグロツユムシの幼虫 | メイン | クサボタン(草牡丹) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2462-2b500eb5

| メイン |
ゆきかえる