>
ヤマハッカ(山薄荷)
2013/10/03(Thu)
  きょうは、曇り後晴れました(17.7~24.2℃//0.16μSⅴ/h八幡1屋外高さ1m・0.10Sⅴ/h屋内21:00、北風)。
  道沿いに、ヤマハッカ(シソ科)が咲いていました。まだまだ暖かな山道に、涼やかな水色の花は、秋の風雅を感じさせてくれます。北海道~九州の山野の林縁等に生育する、高さ0.4-1mの多年草です。広卵形で長さ3-6cmの葉は対生し、鋸歯は粗く葉柄に翼があるのが特徴です。茎の稜には下向きの毛があります。9-10月、枝先の長い花穂に青紫色の唇形小花を数個ずつ数段に付けます。上唇は4裂して立ち上がり、濃い青紫色の線状の斑点があり、下唇は2裂して前方に突き出し、縁が内側に巻くのも特異点です。青葉山では、道端等に普通に見られます・・・
ヤマハッカ 夕映え
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シラハギ(白萩) | メイン | キンモクセイ(金木犀)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2505-9f56ad3f

| メイン |
ゆきかえる