FC2ブログ
>
シラハギ(白萩)
2013/10/04(Fri)
   きょうは、大体晴れました(13.4~20.7℃//0.16μSⅴ/h八幡1屋外高さ1m・0.10Sⅴ/h屋内21:00、西北西風)。
   道端に、シラハギ(マメ科)が咲いていました。これも、誰が何時植えた?ものかは分りませんが、他の萩に比しても一段と清しい、小雪の様な風情でした。ミヤギノハギの変種とも、ニシキハギの栽培品種とも言われ、日本全国の他、朝鮮等の庭園等に植えられ、一部山野にも生育する、樹高1-2mの落葉低木です。多少枝垂れて大きな株となり、茎は木質化して固くなりますが、地上部は一部を残して枯れ、毎年根本から新芽が出ます。全体に絹状の伏毛があり、葉は3出複葉で互生し、小葉は長さ2-6㎝の楕円~長楕円形。8-10月、枝の先端から多数の花枝を出し、多くの白い蝶形花を付けます。果実は種子を1つだけ含み、楕円形で扁平。別名はシロバナハギ・・・
シラハギ 夕焼けの泉ヶ岳
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ゴマナ(胡麻菜) | メイン | ヤマハッカ(山薄荷) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2506-4e9c7a63

| メイン |
ゆきかえる