FC2ブログ
>
青葉山トンネル坑口直上崩壊崖修復工事2
2013/10/08(Tue)
 きょうは、9/19の国土交通省、工事請負企業の方々との現地立会い調査に引き続き、又、その後当会が実施した2度の「緊急動植物調査」の結果を基にして、関係業者の方々と、崩壊崖直下部分の現況や工事で影響のある部分の把握と希少植物群の確認と保護の方策等を探りました。作業道に関しては、以前も使用されていた外来植物の多い場所であり、問題は少ないものの、崖地とその周辺斜面については問題は多いと思われ(資材は主にケーブルで運搬とのことで、林床自体には影響は小?)、今後工事開始以降も調査は続け、連絡も密に取り合う事となりました。工事はやむを得ないにしろ、後世にしっかり貴重な自然が残せるよう(再生を含めて)、心したいものです…
二度目の現場立会
スポンサーサイト



この記事のURL | 諸問題 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ナツハゼ(夏櫨)の実 | メイン | ツクシハギ(筑紫萩・土筆萩) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2514-a1c8704e

| メイン |
ゆきかえる