>
ノコンギク(野紺菊)
2013/10/20(Sun)
   きょうは、一日中雨でした(13.8~14.9℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北風)。
   道端に、ノコンギク(キク科)が咲いていました。晴れた野に群れる様も素敵ですが、雨に濡れて佇む姿は、物寂しい風情があって、心揺さぶられます。本州~九州の山野の草地や林縁、路傍等の明るい場所に広く生育する高さ50-100cmの多年草です。地下茎が横に這い、纏まった群落を作り、茎は立ち上がって枝を出します。根出葉は柄があって卵状長楕円形、茎葉は柄がなくて卵状楕円~卵形で三行脈と粗い浅鋸歯があり、両面共に短毛が生えます。8-11月、茎先に散房状花序を作り、径2.5cm程の頭花を咲かせます。舌状花は細長くて白~薄紫、管状花は黄色。痩果は長さ1.5-3mmで先端には4-6mmの冠毛が多数あります。青葉山では、山野に最も普通に見られる野菊です・・・
ノコンギク 霧の湧く北斜面
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ノハラアザミ(野原薊) | メイン | ヤマブシタケ(山伏茸) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2527-1e79cfba

| メイン |
ゆきかえる