FC2ブログ
>
マユミ(檀、真弓、檀弓)の果実
2013/11/11(Mon)
   きょうは曇り後晴れて、昨日皆で予想した通り、初雪!が観測されました(3.8~9.2℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、西北西風)。
   昨日の観(視)察会でも見られましたが、川岸にマユミ(ニシキギ科)の実が生っていました。祝い餅の様な蒴果が美しい紅葉に包まれて、とてもお目出度い気分になりました。北海道~九州の他、朝鮮、中国等の山野の谷沿い等の湿気のある所に生育する、高さ3-5mの落葉低木、又は小高木です。雌雄異株。樹皮は灰白色で、一年枝は緑色。対生する葉は、先が尖って縁に細かい鋸歯があり、葉脈がはっきりしています。初夏、前年枝の基部から径1cm程の淡緑色で花弁4枚の花を付けます。果実は倒四角錐で、熟すと4つに裂け、中から真赤な仮種皮に包まれた種子が現れます。青葉山では、渓流沿い等に見られます・・・
マユミ 鮭の泳ぐ川と青葉山
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<スイカズラ(忍冬) の果実 | メイン | 十一月観(視)察会 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2549-9dd9a672

| メイン |
ゆきかえる