FC2ブログ
>
ジャゴケ(蛇苔)  
2008/02/04(Mon)
今朝はうっすら雪が積っていましたが、日中は晴れて雪もすぐ融けてしまいました(-2.6~5.9℃)。
 氷柱だけになってしまっている三階滝(通称)の岩に、ジャゴケ(ジャゴケ科)が生えていました。氷に囲まれても青々と、名の通りの、蛇の様な鱗模様が光っていました。北半球に広く分布し、日本では全国の高山~低地の湿った地面や岩上に見られる、苔類に属するコケ植物です。人家周辺に繁茂するゼニゴケ(銭苔)に似ていますが、蛇にも見える亀甲模様が特徴です。只、類似の構造を持つ苔類の総称として「ゼニゴケ」とされる事もある様ですね。茎葉の区別が曖昧な「葉状体」で、腹側から仮根を伸ばして岩や地面に密着します。雌雄異株で、春には雌株から雌器托を乗せた5~8cmの長柄が伸びます・・・
蛇苔 三階滝

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<クワゴ(桑蚕・桑子)の繭 | メイン | オオタカ営巣地での枯松伐採について (2)>>
コメント
- 滝の氷結 -
もう立春というのに寒そうですが、迫力有る画像ですね~。 三居沢のお不動さんの滝、昨年の今頃に行った特は凍っていませんでした。今年は寒いということでしょうか。
 今年は、見れそうなので・・寒くない時を選んで(笑)・・・行ってみたいと思います。

 ところで、3月のエルパークの展覧会、まだ出品していませんでした。近いうちに選んでメールでお送りしますのでよろしくお願いします。
 
 
2008/02/05 21:14  | URL | ciao66 #y/MN7pSg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/255-a79ad36c

| メイン |
ゆきかえる