FC2ブログ
>
ウメモドキ(梅擬)
2013/11/29(Fri)
    きょうは、晴れ時々曇りました(1.1~11.3℃//0.17μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北西風)。
    道沿いのウメモドキ(モチノキ科)に、実が生っていました。すっかり葉を落として、真赤な実をたわわに付けていましたが、周りにはヤブムラサキやヘクソカズラの実も絡まり、秋の深まりを感じました。本州~九州の山地の主に湿り気のある場所に生育する高さ1-2m程の落葉低木です。雌雄異株。長さ2-7cmの葉には毛が多く、縁に小さく尖った鋸歯があります。6-7月、雄株では葉腋に雄花を多数、雌株では雌花を2-4個付けます。雄花は花弁4-6枚で、雄蘂が4-5本、雌花は花弁4-6枚、退化した雄蘂4-5本で、雌蘂が目立ちます。果実は9月頃から赤く熟し、落葉後の冬季も枝に残って目立ちます。青葉山では、湿性地周辺等に普通に見られます・・・
ウメモドキ 知らぬ間に、僅かに残った松林も無くなっていました
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オオモミジ(大紅葉) | メイン | キバラヘリカメムシ(黄腹縁亀虫)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2568-53a8342b

| メイン |
ゆきかえる