FC2ブログ
>
モズ(百舌/鵙)の残骸(大鷹の食べ残し)
2008/02/06(Wed)
 きょうは、晴れたり曇ったりの一日でした。
 山道を歩いていると、バサバサッと前方から白い影が飛び去りました。飛び立った場所には、鳥の羽が散乱しています。良く見ると、生々しい血塗れの肉片や先が鉤になった嘴もあって、オオタカが今の今まで、ここでモズ(モズ科)の雄を食べていたのです。モズは「小さな猛禽」とも言われる、食物連鎖の上位に位置する鳥ですが、そんなモズもオオタカには敵わない様です。帰り道、遠くからキチキチとモズの声が聞こえていましたが、あの雄の連合いだったのでしょうか、どことなく悲しげに聞えましたよ…
百舌の残骸

スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤママユ(山繭)の繭 | メイン | クワゴ(桑蚕・桑子)の繭>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/258-68ec65df

| メイン |
ゆきかえる