>
エノキタケ(榎茸)
2013/12/20(Fri)
  きょうは、一日冷たい雨や雪、霙が降りました(1.8~4.6℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北風)。
 道沿いの枯木の根元に、エノキタケ(キシメジ科)が生えていました。ほんの少しでしたが大きくて、一齧りすると、野趣溢れる味がしました。晩秋~初春の主に冬に、全国の種々の広葉樹の枯木、切株等に多数束生する木材腐朽菌で、冬のキノコの代表です。傘は黄褐~茶褐色で径2-8㎝、球形から平開して反り返り、表面は光沢があり粘性が強く、全体に鉄錆の様な匂いがあります。襞は上生でやや疎。柄は高さ2-9㎝、径2-8㎜の中空で、表面は細毛に覆われビロード状、上部は茶色く下に行く程色が濃くなり根元は黒褐色となるのが特徴で、アシグロナメコの別名があります。青葉山では冬季、朽木上等に普通に見られます・・・
エノキタケ 師走の雨
スポンサーサイト
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イヌガンソク(犬雁足) | メイン | トラノオシダ(虎の尾羊歯)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2589-f55fa5dd

| メイン |
ゆきかえる