FC2ブログ
>
カキドオシ(垣通・籬通)の葉
2013/12/24(Tue)
  きょうは晴れたり曇ったりで、良く風花が舞いました(-0.3~6.4℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北西風)。
  河岸の道端で、カキドオシ(シソ科)が紅葉していました。と言っても、未だ青々とした葉もあって、赤紫蘇色の葉を一層惹き立てていました。日本全国の道端、林縁、畦、堤防等に生育する高さ5-25cmの多年草です。茎は長く横に這い、所々から根を下し、横枝は時に多少立ち上がります。対生する葉は長い柄があって、腎円形で鈍い鋸歯があり、揉むと強い香りがします。4-5月、茎が立ち上がって、葉腋に薄紫~紅紫の唇形花を1-3個ずつ咲かせます。青葉山では、道端等に普通に見られます・・・
カキドオシの葉 急流
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イワヒバ(岩檜葉) | メイン | ホオジロ(頬白)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2593-02a4d30a

| メイン |
ゆきかえる