FC2ブログ
>
イタチ(鼬、鼬鼠)の足跡
2013/12/29(Sun)
   今朝もまた少し積り、日中は晴れ時々曇りました(-0.8~4.9℃//0.16μ㏜/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μ㏜/h屋内21:00、南南西風)。
  川に沿って、イタチ(イタチ科)の足跡がありました。新雪に、二つずつ揃った足跡が、何処までも伸びていました。本州~九州等の山地~平地の水辺近くに生息し、主にカエル、カニ、小魚等の水生小動物やネズミ類、昆虫類等を捕食します。日本固有種で、頭胴長は雌16-25cm、雄27-37cmで、尾長は雌7-9cm、雄12-16cm。青葉山では、沢沿いや広瀬川沿いで良く目撃され、繁殖もしていて、足跡が容易に観察できます。細長い糞は、川原の岩石上等に見られ、岩陰等には溜糞が形成される事もあります。一次捕食者であり、当林での生息や繁殖は貴重です・・・
イタチの足跡 光る淵
スポンサーサイト



この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ニシキギ(錦木) の果実 | メイン | エゴノキ(売子木・斉ご木)の果実 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2598-027e594d

| メイン |
ゆきかえる