FC2ブログ
>
ツルアジサイ(蔓紫陽花)冬芽
2014/02/03(Mon)
  きょうは曇り時々晴れて、気温が上がりました(3.8~13.2℃//0.16μ㏜/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μ㏜/h屋内21:00、北風)。
  木に、ツルアジサイ(アジサイ科)の蔓が絡まっていました。いつもは蟹の爪の様に見える冬芽ですが、きょうは薄目を開けた目と顔に見えました。北海道~九州の、山地の岩崖や林縁に生育する落葉蔓性木本です。幹や枝から気根を出して、高木や岩崖にくっ付いて絡みながら這い登り、高さ15~20m程になります。葉は10cm程の広卵形で、先は尖り鋸歯と葉柄があり、枝に対生します。6-7月、黄白色で小さな両性花が集まる花序の周りに、4枚の花弁状の萼片を持つ白い装飾花が縁取ります。果実は果。青葉山では、木々のあちこちに絡まっています・・・
ツルアジサイ 崩れ易い崖
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<サワシバ(沢柴)の果穂 | メイン | 雪中のオオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2633-37f6d966

| メイン |
ゆきかえる