FC2ブログ
>
ネコヤナギ(猫柳)
2008/02/13(Wed)
きょうは真冬が舞い戻って、雪が一日中降ったり止んだり、時々吹雪にもなりました(-3.3~0.3℃)。
 吹雪の中でも、川辺のネコヤナギ(ヤナギ科)は花芽を膨らませ、暖かそうな銀色の絹毛を風に靡かせていました。北海道~九州の河川の岸辺に生育する落葉低木で、春一番に芽吹く(他の柳類にも先駆けて花を咲かせる)為、春を告げる植物として生花等にも良く使われます。雌雄異株。名は、花穂が猫の毛に似ている事に因る様ですね(別名はカワヤナギ )・・・
猫柳 吹雪の河原

尚、農林土木課による「オオタカ営巣地の枯松伐採」について、「きょう(2/13)、無事に4本の伐倒を終えた」との報がありました・・・
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<ホオノキ(朴の木)の芽 | メイン | 市有林(青葉の森)の枯松伐採について >>
コメント
-  -
すみれ様 ciao66様 ビオラ様 ねのひ様 サトシ様
すずめのこ様 他皆々様 
書き込みを、本当にありがとうございます。
それなのに中々お返事できず、大変失礼しております。諸事情がありまして、これからもこんな状態が当分続いてしまいそうですが、お見捨てにならず、どうか「会」の事、青葉山の事をお見守りください。
まだまだ寒い日が続いておりますが、
お体には十分お気をつけてお過ごしください。
てん
2008/02/13 22:20  | URL | てん #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/266-7621fc39

| メイン |
ゆきかえる