>
イワウチワ(岩団扇)
2014/03/31(Mon)
  きょうは良く晴れましたが、一日中強風でした(6.2~13.8℃//0.17μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、西北西風)。
  イワウチワ(イワウメ科)が、咲いていました。今年は、咲き始めはカタクリとほぼ同じ様でしたが、一気に綻んで、暴風にも負けず、健気に薄紅の花を震わせていました。本州中国以北の山地の落葉樹林内や林縁、岩場等に生育する、草丈10cm程の耐寒性常緑多年草です。円い根生葉は長柄を持ち、3-4月に咲く淡桃色の花は、一花茎に一花を下~横向きに開きます。主に深山に生える希少種で、県レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定。青葉山では、幸い普通に見られていましたが、崩落や宅地・歩道造成、枯松処理作業、盗掘等もあって、大分減って来ています・・・
イワウチワ 葛岡と西の山々
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<トウホクサンショウウオ(東北山椒魚)の卵嚢 | メイン | ミヤマウグイスカグラ(深山鶯神楽)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2690-9db1c592

| メイン |
ゆきかえる