>
シータテハ(C立翅)
2014/04/04(Fri)
  きょうは、雨後晴れました(11.2~15.6℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、西北西風)。
  シータテハ(タテハチョウ科)がいました。大変な勢いで飛び回っていたかと思うと、道端に止まって、美しい緋色の羽をハタハタと、春の雨上りの喜びを、体中で表していました。ユーラシア中北部に広く分布し、日本では北海道~九州の山野に生息する北方・寒地系のタテハチョウです。成虫は春~秋の年2-3回発生し、成虫のまま越冬。幼虫はカラハナソウやエノキ、ハルニレ、アカソ等を食草にします。キタテハに良く似ていますが、翅縁の切込みが深く凹凸に丸みがあり、後翅の黒斑に水色の点がないので見分けられます。青葉山では7、9月に発生し、林縁等で比較的普通に見られますが、取分け早春の頃には越冬型(秋型)の色鮮やかな個体を良く目にします・・・
シータテハ 晴れました
スポンサーサイト
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ツノハシバミ(角榛)の花 | メイン | ベニチャワンタケ(紅茶碗茸) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2694-cad60d84

| メイン |
ゆきかえる