FC2ブログ
>
ヒグラシ(日暮)
2007/07/10(Tue)
きょうは一日曇って、晩方からは霧雨が降り始めました。
夕暮れの檜の森で「カナカナカナ・・」、早くもヒグラシ(セミ科)ガ鳴いていました。と言っても、この山ではニイニイゼミ同様、七月始めから鳴き始めています。鳴声が物悲しい所為か「晩夏の蝉」と思われ勝ちですが、最盛期も真夏です。名は、日没頃に鳴く事から、「日を暮れさせるもの」の意で付けらた様ですが、早朝や曇った日等にも良く鳴きます。俗称「カナカナ」とも言われていますよね・・・
日暮♂
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<ヤスマツトビナナフシ(安松飛七節) | メイン | カキラン(柿蘭)>>
コメント
- はじめまして -
ブログ村ランキングと、訪問履歴とから参りました。はじめまして、雨降りのスケッチブック の rainです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

思わず我を忘れて見入っていました。毎月の毎日の自然スケッチに拍手です。
ヒグラシの鳴き声にはなつかしさがこみ上げます。東京の多摩地域では立秋以後にやっと声を聞きますが(私が子供の頃から)、仙台では7月にもう出ているのですか。日本は南北なので興味深いことです。また遊びにまいります。ありがとうございました。
2007/12/23 18:13  | URL | rain #iz.eytdM[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/27-e298c3a6

| メイン |
ゆきかえる