FC2ブログ
>
オオタカ営巣地での枯松伐採について (3)
2008/02/17(Sun)
 昨日、「オオタカ営巣地周辺の枯松伐採予定地」での枯松処理の状況を視察しました。農林土木課の説明によると、「2/13に4本の伐倒・処理を終え、その内3本は処理木を林外に搬出。残る一本は、週明け(2/18?)にもビニルをかけて薬品処理をする。予定していた他の木は(古い枯木なので)今回は中止した」との事でした。残る一本が、営巣木に一番近いのは気になりますが、取敢えずは、最小の「破壊」「影響」で済みそうです。只、付近の旧ゴルフ場(オオタカの狩場)では東西線青葉山トンネルの工事が日々着々と進んでいますし、「調査?」活動も頻繁な様です。「営巣地」には、木々に新しいテープが巻かれ、人の出入りも絶えません。「営巣」への影響は、とても大きいと思われます。昨日はオオタカに加え、ハヤブサ、ノスリも上空や林内で観察され、当地の重要さと共に、食糧確保競争の厳しさを感じました・・・
2.13に伐採された赤松 テープを巻かれた木々/大鷹営巣地.
スポンサーサイト



この記事のURL | 諸問題 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カモシカ(氈鹿、羚羊) | メイン | 樹液 と野鳥>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/270-8c395d57

| メイン |
ゆきかえる