FC2ブログ
>
カキドオシ(垣通・籬通)
2014/04/24(Thu)
  きょうも、大体晴れました(6.4~20.6℃//0.16μSv/h八幡1屋外高さ1m//0.10μSv/h屋内21:00、北北東風)。
  森の外れの草原で、カキドオシ(シソ科)が咲いていました。爽やかな無数の青花が、夕陽を浴びながら立ち上がって、まるで高山のお花畑にでもいる様でした。日本全国の道端、林縁、畦、堤防等に生育する、高さ5-25cmの多年草です。茎は長く横に這い、所々から根を下し、横枝は時に多少立ち上がります。対生する葉は長い柄があって、腎円形で鈍い鋸歯があり、揉むと強い香りがします。4-5月、茎が立ち上がって、葉腋に薄紫~紅紫の唇形花を1-3個ずつ咲かせます。青葉山では、道端等に普通に見られます・・・
カキドオシ 夕陽
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ケヤキ(欅)の新葉 | メイン | ヤマザクラ(山桜) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2716-2ad64abc

| メイン |
ゆきかえる