>
アオスジアオリンガ(青筋青鱗蛾)
2014/05/15(Thu)
   きょうは曇って、夜は雨になりました(14.9~20.6℃//0.16μSⅴ/h八幡1屋外高さ1m//0.11μSⅴ/h屋内21:00、北北東風)。
   道端の木の葉に、アオスジアオリンガ(コブガ科) と思われる蛾がいました。黄緑の毛並は、きっと保護色なのでしょうが、正に新緑の季節に相応しい、とても美しい色遣いでした。ユーラシア大陸に広く分布し、日本では北海道~九州の林内等に生息する、開張34-40㎜のリンガの一種です。成虫は5-8月に出現し、前翅は淡緑色で、春型と夏型があり、春型の♂は白い横線は太く、横線に沿って赤色条がある個体もいます。後翅の色は雌雄により異なり、♂では黄、♀では白。幼虫はブナ科(ブナ、ミズナラ等)、カバノキ科(シラカンバ等)の葉を食べます。 別名は、ヤマトスジアオリンガ。 青葉山では、林内の他、電灯に良くやって来ます・・・
アオスジアオリンガ 天守台を見上げる
スポンサーサイト
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オオルリ(大瑠璃) | メイン | マイヅルソウ(舞鶴草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2737-e217acc2

| メイン |
ゆきかえる