FC2ブログ
>
ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)
2014/05/21(Wed)
  きょうは、曇り後雨でした(13.0~15.0℃//0.15μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北東風)。
   道端に、ムラサキサギゴケ(ゴマノハグサ科)が咲いていました。北海道南部~九州の他、中国等の畔道等の、少し湿った日当たりの良い場所に生育する多年草です。高さ5-10cmで、根本から匍匐する茎(匐枝)を出し、節から根を出して増殖します。春~夏に紅紫色の花を付け(稀に白)、下唇中央の膨らんだ部分には黄褐色の斑点があり、内側に毛があります。雌蕊の先(柱頭)は2裂し、何かが触れると閉じるという特徴があります。果実は約4mmの球形の蒴果。青葉山では、道端等で普通に見られます・・・
ムラサキサギゴケ 雨と霧
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タニウツギ(谷空木) | メイン | オドリコソウ(踊子草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2743-ae6b715a

| メイン |
ゆきかえる