FC2ブログ
>
ヒゲコメツキ(髭米搗)
2014/05/25(Sun)
   きょうは、晴れ後曇りました(16.2~23.7℃//0.16μSV/h八幡1屋外高さ1m//0.10μSV/h屋内21:00、東北東風)。
   ヒゲコメツキ(コメツキムシ科) がいました。はたはたと、見るからに触角の大きな者が飛んで来たので、思わず手を伸べると、草叢に落ちてしまいました。近寄ると、名通りの長い髭を揺らしながら、再び飛び立って行きました。 北海道〜九州の山地に生息する、体長21-27mmの中型のコメツキムシです。 成虫は5-7月に出現し、光沢のある赤褐色の翅に黄白色の細紋があり、雄は櫛歯状の立派な触角を持ちます。雌の触角は鋸歯状。樹木の葉上にいて、昆虫等の小動物を捕食し、夜間に樹液に集まる他、灯火にも良く飛来します。。幼虫は、腐葉土中や朽木中で成長します・・・
ヒゲナガコメツキ 樅林
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コメツブツメクサ(米粒詰草)   | メイン | ミズキ(水木)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2747-774eef8b

| メイン |
ゆきかえる