FC2ブログ
>
アオゲラ(緑啄木鳥)
2008/02/23(Sat)
きょうは午前中晴れましたが、昼過ぎからは風が吹き荒れ、晩からは吹雪になっています。
 森の外れの松や胡桃、柳の古木を、アオゲラ(キツツキ科)が突いていました。あっちでコンコン、こっちでコンコン、木に巣食う虫を探して夢中の様でした。留鳥で、本州~屋久島にのみ生息する日本固有種です。山地~平地の林で、昆虫やクモ、木の実も採食して暮します。特に、昆虫類に食害され始めた木々を助け森を蘇らせる為、アカゲラ等と共に「森のお医者さん」と呼ばれています。大木の多い広葉樹林を好むので、自然の豊かさの指標ともなっていて、青葉山にも数多く生息・繁殖しています。今年も又、枯松の大量伐採が始まっていますが、365日休まず「松喰い虫」を食べ続けているアオゲラ等啄木鳥達(やキノコ等菌類や微生物達)の活躍に任せる方が、森林生態系の保護の為には良いのですが・・・
緑啄木鳥の♀

スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤマネコヤナギ(山猫柳) | メイン | オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/278-72b8330d

| メイン |
ゆきかえる