>
カモシカ(氈鹿、羚羊)
2014/07/05(Sat)
    きょうは一日曇りで、一時晴れ間もありました(19.4~24.6℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南東風)。
   森の入口に、カモシカ(ウシ科)がいました。さあ歩き出そうとすると、黒い影が横切り、そうだろうなと思いつつ、入った薮の先の斜面を眺めていると、ひょっこり、何時も会う者とは違った、見慣れない顔が現れました。本州~九州のみに分布する日本固有種で、国指定特別天然記念物。亜高山~低山の森に生息し、木の葉、草、笹等を選択的に採食します。体長105-112㎝、肩高68-75㎝、体重30-45kg。全身の毛衣は白や灰色、灰褐色ですが、個体変異や地域変異が大きく、角は8-15㎝の円錐形でやや後方に湾曲し、基部に節があります。青葉山では、近年数多く定着し、毎年繁殖もしていましたが、大規模工事に因り生活圏が急激に狭められています・・・
カモシカ 青葉城の崖
スポンサーサイト
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タンザワサカネラン(丹沢逆根蘭) | メイン | ヘリグロリンゴカミキリ(縁黒林檎髪切)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2788-ea40c629

| メイン |
ゆきかえる